真剣に結婚について考える

語り合う男女

結婚相談所と聞くとイメージ的には、相談所の人から答えたくない質問を色々されたり、建物に入る姿を見られ、いわゆる哀れみの目で見られるというイメージがあったり、なんらかの理由で今まで結婚できなかった人や結婚したいが相手がみつけられないという人のたまり場だとという、結婚に飢えているという消極的なイメージがわきやすかったが、最近は違う。ご存知の通り今はインターネットの普及などで、結婚相談所などという建物に足を運ばなくても、手続きを簡単に短時間で行うことができ、結婚式場などが、主催するそういったイベントなどでは、結婚式に至るプランまで出来上がり、結婚を望んでいる二人は、相手さえ見つかれば、すでに用意されているレールの上を進んで行けば、ゴールできる仕組みになっている場合も珍しくないのである。そう考えてみると、本当に悩んでいる人で、結婚相談所にマイナスのイメージを持っている人にとって見れば、活用しないのは損である事がわかる。

前述でも述べたように、結婚相談所のイメージを少しは払拭できても、まだ不安があるなら、次は結婚相談所に申し込むという動機を強めることである。結婚したい人にとって、考えておきたい点は、自分の結婚相手となる人の分母を増やす事である。つまり、出会いを増やし理想の人と出会う確率を増やすという、分数の考え方である。そうすれば、日常生活の中で出会える人は僅かしかいない、という人にとっては、出会える人を簡単に短時間で増やす事ができるからだ。更に、もう一つ踏み込んで考えたいのは、結婚相談所には結婚をしたい人が登録している事である。つまり、遊び相手がほしい人ではく、結婚を真剣に考えている人が登録しているため、紹介してもらった相手は結婚に対し、積極的であるという事である。こう考えてみると、この機関についてのイメージがより好印象に変化していくだろう。まだ、迷っているなら是非、活用してみるのはいかがだろう。